いったいなぜ、副業せどりは稼げるの?カギはインターネットビジネスです。

せどりのねらいどころって

映画がとても好きで、よく見に行くんですが、新作映画が出たら、その前作や、主演の俳優が出ている他の作品を、追えばいいんですか?

 

 

 

 

 

そうですね。

 

いわゆる、タイアップ商品の攻略法としては、おっしゃるとおり、

 

続きものであれば、過去の作品に注目してください。

 

しかし、そこで止まってしまっては、もったいないので、

 

もう一歩、踏み込みましょう!

 

 

 

映画の場合は、有名なものになればなるほど、

 

その関連商品も多数出ていることが多いので、

 

DVD・Blu-rayに限らず、他のジャンルの関連商品にも派生させて、

 

じっくり調べてみてください。

 

特に、フィギュアなどのホビーや、ぬいぐるみ・ドレスといったおもちゃなどは、

 

その映画の人気が高いほど、相場が上がる傾向がありますので、

 

要チェックです。

 

 

 

 

 

商品を仕入れるときに、出品者の数って、気にした方がいいんでしょうか?

 

 

 

 

ここは、意見の分かれるところかもしれませんが、

 

ぼくは、初心者のうちは、まったく気にしなくていいと思います。

 

理論的には、出品者数は少ないほうが、

 

競争率も低くて、いいですよね?

 

極端な話、自分以外、だれも出品していないのがベスト

 

とも、言えるでしょう。

 

でも、人気商品では、出品者数も多く、そういったケースって、

 

ほとんど、お目にかかれません。

 

人気があるにも関わらず、供給が追いつかなくて、

 

出品者数が極端に少なくなってるものは、

 

店舗でも、そうそう手に入りませんし……

 

ですから、例えば、出品者の数が5人以内なら買いとか、

 

20人以上で見送りとかってルールは、

 

あまり意味をなさないことが多いです。

 

 

 

たしかに、出品者の数が多ければ多いほど、

 

値落ちする可能性は高まりますので、そのことだけ、

 

頭のかたすみに入れておき、1つの商品を大量にゲットし、

 

大勝負するときなどに、参考にみてみる程度で、十分だと思います。

 

実際、ぼくが商品を仕入れるときは、大量買いのとき以外は、

 

ほとんど、出品者数は気にしませんが、それで失敗したと

 

感じたことは、ありません。